忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


拍手する

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

2010年名古屋の旅(2日目)

ということで、2日目(1日目はこちら)。

2日目の目的は、ひつまぶしを食べること。
それまでの時間をつぶすということで、熱田神宮へ行ってきた(2010/06/06現在だが、熱田神宮のHPがやたらかっこいい)。


熱田神宮は三種の神器の一つである草薙剣(くさなぎのつるぎ。天叢雲剣)を神体としている。
が、見ることは当然できないので、やまたのおろちから手に入る方を想像しながら拝観。
熱田神宮 熱田神宮

床に溝があったので、たぶんニョキニョキっと変形して飛びててくるものと思われる。
熱田神宮

名古屋城は一度いったことがあるため、軽めに散策。
名古屋城 名古屋城 名古屋城

そして、ひつまぶし。
超有名店(らしい)あつた蓬莱軒へ。

12時前に行ったが、その時点で60分間待ち。名前だけ書いて13時に戻ってきたが、その時点で90分待ち。
ただ、前でずっと待ってる必要はないのがよい点。

で、ひつまぶし実態。
(暗いところでとったので写真が悪いが…)
ひつまぶし

ひつまぶしの食べ方に則って食す。
1. 最初は茶碗に一杯取り、そのまま食べる。
2. 次はおかわりの様に2杯目を取り、薬味(わさび・のり・みつば等)をのせて食べる。薬味は葱・山葵(わさび)・海苔が基本で、ウナギによく合う3種である。これらの味の変化を楽しみながら味わう。
3. 3杯目は2杯目の様にしたものにだし汁をかけ、さっぱりとお茶漬けのように食べる。この食べ方は、質の落ちた鰻をおいしく食べるために考案されたと言われている。
4. 最後は1~3のうち最も気に入った食べ方で食べる。


気に入った食べ方は、1のそのまま食べる。
なんにも入ってない方が美味い。


おいしくいただき、帰ってきました。
ひつまぶし
PR
拍手する

旅行ブログコメント(0)トラックバック(0)このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントを投稿

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL