忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


拍手する

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

スマブラXのオープニングと歌詞

スマブラX(大乱闘スマッシュブラザーズX)のオープニングが良い。
ラテン語だというのは聞いて分かったが、意味まで分からなかったので歌詞とか和訳とかカタカナ発音など残しておく。

ちなみに、ラテン語なので、ほとんどローマ字読みで発音できるはず。
カタカナは、子音も書いてます。貧相なラテン語の知識で書いているので、間違いはお許しを。

公式和訳も載せておきますが、若干意訳な気がします。


Audi famam illius.
(アウディ ファーマム イリウス)
あの人の噂を聞いたことがある

Solus in hostes ruit
(ソルス イン ホステス ルーイット)
たった一人で敵陣に舞い込み

et patriam servavit.
(エト パトリアム セルバービット)
故郷を救ったとか

Audi famam illius.
(アウディ ファーマム イリウス)
あの人の噂を聞いたことがある

Cucurrit quaeque tetigit destruens.
(ククリット クァアクゥエ テチジット デストルエンス)
地を駆け 触れるもの全てを砕いてまわったとか

Audi famam illius.
(アウディ ファーマム イリウス)
あの人の噂を聞いたことがある

Audi famam illius.
(アウディ ファーマム イリウス)
あの人の噂を聞いたことがある

Spes omnibus,mihi quoque.
(スペス オンミニブス、ミヒ クゥオクゥエ)
皆のあこがれだった 自分にとってもそうだった

Terror omnibus,mihi quoque.
(テロール オンミニブス、ミヒ クゥオクゥエ)
皆に恐れられていた 自分にとってもそうだった

Ille
(イレ)
その人はいま

iuxta me.
(イウクストラ メ)
私の隣にいる

Ille iuxta me.
(イレ イウクストラ メ)
その人がいま 私の隣にいる

Socii sunt mihi.
(ソツィー スント ミヒ)
今は仲間がいる

qui olim viri fortes
(クイ オリン ビリ フォルテス)
かつては英雄だった

rivalesque erant.
(リバレスクェ エラント)
宿敵だった仲間たちがいる

Saeve certando pugnandoque
(セーベ セルタンド プニャンドクェ)
激しく競い合い 戦い合いながらも

sprendor crescit.
(スプレンドル クレツィット)
輝きを増していく

【作詞担当:桜井 政博】
【訳詞:山下 太郎】
【作曲担当:植松 伸夫】
【編曲担当:酒井 省吾】
【指揮:竹本 泰蔵】
【ソプラノ:高橋 織子】
【テノール:錦織 健】
スマブラ拳(任天堂公式サイト)でフルバージョンが視聴できます


しかし、ラテン語見てると、英語とかの親の片鱗が見える。

Audi は Audio かな、とか
servavit は serve かな、とか
destruens は destroy かな、とか
crescit は crescendo(クレッシェンド、音楽の”<”)かな、とかね。


ラテン語を使うと荘厳な感じが出て、それが良くあっているなぁと思います。
PR
拍手する

ゲーム全般コメント(6)トラックバック(0)このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

この記事に対するコメント

無題

commented by 俺様ファルコン様◆9a689ece79 on 2012/02/17

歌詞見てると感動して泣けてくる
亜空の使者のクリアは感動モン

無題

commented by MMM◆9b39a6ec03 on 2012/09/13

ラテン語だったんですね…
見るだけで泣けます。

無題

commented by 神様キリギリス!?◆5331ac6211 on 2013/03/11

歌詞みただけでなけてくる、改めていききょくっておもう、オープニングも感動した。

無題

commented by いちげんはん◆4cdf35a1e0 on 2013/04/19

そうなんだー

無題

commented by いちげんはん◆224b71bef1 on 2014/03/12

さいし

無題

commented by いちげんはん◆224b71bef1 on 2014/03/12

ょのところが(かーみさまー)ってきこえるwww

この記事に対するコメントを投稿

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL