忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


拍手する

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

東のどん兵衛を食べた

どん兵衛の話になれば、「西と東では味が違う」と自慢げに語るやつがいるが、もはやトリビアでもなんでもない。むしろ常識。

語るなら表記が"-w"と"-e"で分かれている、中の袋の色が西は赤・東は青(こっちは合ってるか微妙)くらいで無いとトリビアと言えない。


これくらいスタンダードなカップめんであるどん兵衛、その東日本バージョンを初めて食した。

…。

……ああ、ツユの色が違う。ものすごい醤油の味がするし。

寮のうどんよりは美味しいが、やはり関西人の口には違和感がある。まあ、でも、「これ何?」と聞かれたら「どん兵衛」と答えられる、その程度の違いだが。



そして、フットサルをしたためひどい筋肉痛(-_-)
PR

拍手する

ブログコメント(0)トラックバック(1)このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントを投稿

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL

謎のカップめんIN UK

trackbacked by 徒然日記 on 2005/05/30

イギリスにもなぜか、カップ麺は存在します。フランスにはありませんでしたが。 イギリスのカップ麺、入れ物は日本となんらかわりはないのですが、とにかく中身がすごい。 まず、麺はうどんに近い。そして、スープは... その味がすごいのです。チキンカレー味、ス