忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


拍手する

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

ハズレ

そこそこの値段と、もののついでに食べれると言うことで、よく学食を利用します。学生の多くが利用していると思われる学食。味は残念ながら美味しいとは言いがたいですが、「ま、この値段なら」と言うことで、あまり不満もありません。

しかし、時折とんでもないのを作ってきます。一つが親子丼。2度と食べません。具が申し訳程度にしか乗ってない親子丼で300円近くとるなら、まだ豚丼を食べに行きます。

そして、魚。どうも美味しくない。調理の仕方が悪いのか、単に品が悪いだけなのか分かりません。が、和食系の料理と言うのは素材の味がモロに料理の味に出るので、おそらく後者でしょう。

余談ですが、フライ物は味・鮮度のごまかしがいくらでもきくので、かなりヤバイのをつかまされている可能性があるので、ご注意を。

それで、今日は鳥のから揚げ(酢豚風)がとんでもなくハズレでした。まず、とろみが皆無。しゃぶしゃぶです。アンも味がしない。薄いのではなく、味が無い。素材の味を引き立てているのかと思えばそうではなく、人参はくさいし、たまねぎも今ひとつ。

何より、素材が絡み合っていません。「人参」「たまねぎ」「から揚げ」そして、すずめの涙ほどの「ピーマン」、それぞれが同じ皿の上にいる理由がありませんでした。

「出されたものは残さず食べる」と言うのが自分の中のひとつのルールなので、残さず食べましたが、久々に心から「不味い」と思った一品でした。
PR

拍手する

ブログコメント(0)トラックバック(0)このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントを投稿

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL