忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


拍手する

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

ゴールデンウイークっっ

(cigboyからgooのウェブログに移行してみます)


ということで、大阪ドーム野球観戦記を書こうと思ったらスレイプニルが強制終了しやがった。ああぁ…。



まあ、気を取り直して、プロ野球見に行ってきたわけです。近鉄VSダイエーを大阪ドームに。ちなみに、自分自身は西武ファン。何の脈絡もないチームでしたが、手近なところということです。満員にならないし座れるだろうと言う理由もあります。

先発は近鉄がバーン、ダイエーが馬原。立ち上がり早々に近鉄が2点を失う展開。エラーがらみとバルデスの一発なので、バーンは運がないなぁ、と思っていたら、4回にはバルデスが今日2発目、スリーランアーチ。ああ、大勢は決したかな、と思いましたね、その時は。

8回表、近鉄はなんと赤堀にスイッチ。1年と1ヶ月ぶりとのこと。そこは細かく継投し、ダイエーは0点。その裏、ダイエーは馬原から倉野にスイッチ。ここはキチッと抑えたのですが…。

9回裏、近鉄の攻撃。ダイエーは倉野が抑えの三瀬にマウンドを譲り、点差的にもほぼ磐石。しかしっっ!! 先頭打者の磯辺は打ち取ったものの、北川には死球を与えてしまいます。あれあれと思っていたら、鷹野の一発、ツーランホームラン。ライトスタンドは大盛り上がり。ですが、まだ一点差。ここでダイエーはさらに水田にスイッチします。

阿部は三振。近鉄は的山に代打星野を送りましたが、もはや終了の感がぬぐえません。で、星野の打った球はショートへ。これがくさいところで内野安打になります。もしかして、とか思っていると、その予感が的中し、そこから大村・水口・川口、合計4連打で近鉄は逆転サヨナラ。

ダイエーは抑え、およびセットアッパーがぜんぜんダメですな。去年の横浜が思い起こされます。重要ですよね、終盤を任せられる投手がいると言うことは。現に、川村→ギャラード→佐々木の計算できるリレーが確立した横浜は今年強いです。巨人は月あたりの合計ホームラン数記録をたたき出したのに、「え?順位はどこですか?」状態ですからねぇ。


話は戻って、大阪ドーム。サヨナラの瞬間のライトスタンドとレフトスタンドの寒暖の差はすごかった。川口がヒットを打った瞬間、三塁側は帰り始めました。まあ、あそこから負けるのは…。水田がいまひとつなのにそこで代えられる投手がいないダイエーは大丈夫かなぁ、と。


管理人は西武ファンなので、川口の打った打球が左中間を抜けたときには心の中でガッツポーズをしました。が、座っていたのはダイエー側(ダイエーファンと一緒に行ったので)。そこは見事に空気読みましたが。

後、ガラ悪いね。大阪のダイエーファン。福岡ドームはそうでもない、とそのダイエーファンのやつが言っていたが、どうなのやら。
PR

拍手する

ブログコメント(0)トラックバック(0)このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントを投稿

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL