忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


拍手する

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

DHMOを禁止せよ

ここ数日間で、DHMO(Dihydrogen Monoxide)による甚大な被害が世界中で発生した。
DHMOとは何か?


DHMOとは無色かつ無臭・無味で、毎年何千人もの人々の命を奪うものである。その死因の多くは、DHMOを偶然に吸引したことが原因となっている。

だが、DHMOの危険性はそれだけではない。

固体のDHMOに長時間さらされると、体組織に致命的な損傷を受けてしまう。また、DHMOの経口摂取で発汗、多尿、腹部膨満感、嘔気、嘔吐、電解質異常が引き起こされる。さらに、DHMOに依存する生物にとって、DHMOの断絶は100%のを意味する。

その他、DHMOの性質としては下記の通りである、
・水酸の一種であり、酸性雨の主要構成要素である。
・地球温暖化の原因物質の1つである。
・重度の熱傷を引き起こすことがある
・自然景色を浸食する。
・多くの金属において、腐食・サビを早めてしまう。
・停電の原因となることがある。
・末期ガン患者の腫瘍から発見されている。


そしてDHMOは、今日、日本のほぼ全ての河川、湖と貯水池で発見されている。この汚染は日本にとどまらず世界規模であり、南極ですら発見された。

また、DHMOは、アメリカ中西部、及びカリフォルニアで何百万ドルもの損害を発生させたことでも知られる。


上記の通り、DHMOは危険にもかかわらず、しばしば使用される。
例えば、
・工業的な溶媒、冷却剤
・原子力発電所
・発泡スチロールの生産過程
・バイオテクノロジー分野の研究
・農薬の散布
・特定の「ジャンクフード」、及びある食品の添加物
などである。

大多数の企業は河川と海に荒廃したDHMOを廃棄している。しかし、この行為はまだ合法であるため、禁止することはできない。
野生生物に対する衝撃は重度であるため、もはやその影響を無視することはできないだろう。

本DHMOに対し、アメリカ政府は、国家の経済安寧に対する重要性に鑑み、この科学物質の生産、配布、使用禁止を拒否している。そればかりか、海軍などの軍機関は、軍事利用の目的のためDHMOに関する研究を巨額の費用を投じて実施している。

事実、DHMOを銃弾の代りとする銃は実用化されており、製造が比較的簡単で安価なため、多くの国では未成年者、場合によっては児童にさえ入手可能である。


原著:http://www.snopes.com/science/dhmo.asp (英文、一部改変)
PR
拍手する

ブログコメント(0)トラックバック(0)このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントを投稿

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL