忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


拍手する

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

ニンテンドー3DS

2010年 E3でお目見えしたニンテンドー3DS。
全く情報を調べていなかったので、そのまとめ。

■3DS本体の注目ポイント
  • 上画面が3D、下画面は2D+タッチパネル。
  • 3Dは3Dメガネなどは一切不要。ということで、ハリウッドの3D映画を3Dメガネなしで見ることもできる(映画の配信は交渉中?)。
  • 3Dはかなり立体的に見える模様。「3Dボリューム」でその度合いを調節可能。
  • 3DSの大きさは、DSiよりも小型化。ただし、画面は若干大きくなっている(3.25インチから3.53インチ)。
  • スライドパッド(360度のアナログ入力可能) が追加された。
  • 外部に搭載された2つのカメラで3D写真を撮影し、3D写真を相互にやり取りできる。

詳細なスペックは以下のリンクからどうそ。
任天堂、「ニンテンドー3DS」のスペックを公開

■対応ソフト
  • とりあえず、スクリーンショットをどうぞ。Nintendo スクリーンショット集
  • 「Animal Crossing」が載ってます。ということで、新作のどうぶつの森は3DSで発売確定(ローンチタイトル?)
  • その他、マリオカートやメトロイドなど。
  • スクエニとしては、FFやDQを対応していくことが決定済み


なんだかんだ言って凄いと思うのが、ようやく日本の家庭に3Dテレビが入るか入らないか、という時点において、3DSでは3D動画を持ち運び可能なマシンで見られるようにしているところ。
もし、このまま3Dというのが広く一般に受け入れられるのだとしたら、任天堂は世界の2歩も3歩も先に行く大きなアドバンテージを得たことになる。

あとは、発売時期と、どれくらいの量が出るのかが気になるところ。
欲しいのに買えない!ってことが無いといいなぁ。
PR
拍手する

ゲーム全般コメント(0)トラックバック(0)このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントを投稿

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL