忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


拍手する

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

別れ

長い研修生活が終わった。誰かが「まるで学校みたいだ」と言っていたが、その表現は正しいと思う。

大学とは違う。さながら、高校生活。ただ、その時間が3年か、3ヶ月かという違い。

終了式が終わり、それぞれの教室に戻る風景は、卒業式そのものであった。


そして、各々がこの研修生活の所感をスピーチした。
「辛かった、大変だった。けれど、楽しかった」

思いを語る面々の中で、自分だけが何か空虚さを感じていた。


今宵今生の別れではないのに、皆が仰々しいからか。



違う。そうではない。


そう何か、「ドラマ」を見ている感じがしたから。
自分が主人公になって、別れを「演じる」ことに「酔っている」ように見える。

中身が無い。


今、撮っている写真の意味は何ですか? 
ただ、「自分」の思い出を情報化したいだけ、とは違うんですか?


高校時代に比べ、素直な感情は変わってしまった。
悪いこととは思わないけれど。
PR

拍手する

ブログコメント(0)トラックバック(0)このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントを投稿

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL