忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


拍手する

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

ITIL

会社の研修で、今流行りのITILを勉強した。
ITILとは IT Infrastructure Library の略で、ITサービス管理に関する肝要な部分とその実践方法をまとめたもの。

…定義も難しいが、内容も極めて難解
勉強して初めて「難しい」ことが分かる、というくらい難しい。


中身は定義の通り「ITサービス管理に関する肝要な部分とその実践方法をまとめたもの」だから、働いている人間には分かりそうなものだが、
「まとめ」だけあって一般化されていて、掴みにくいことこの上ない。

Javaというかオブジェクト指向言語を勉強したときも感じたことだが、現実世界を抽象的・一般的に定義できる奴は、天才というか、果てしなく頭がいい

果てしなく頭がいい奴が書く文章はものごとの核心をついていて、極めてシンプルなのだが、
奴らが頭が良すぎて凡人のことは気にしていないのか、あるいは、自分が解るのだから周りも解って当然じゃん?(標準語)と考えているのか、
その一般化に至る過程を何も書いていないもんだから、理解するのが無茶苦茶大変。

数学の難問で、解答だけいきなり書いてる感じ。


……凡人には解き方がわからんとです!!


麻雀以外で、久しぶりに頭が暑い。
PR
拍手する

資格コメント(0)トラックバック(0)このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントを投稿

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL