忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


拍手する

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

ものづくり

宮崎駿監督iPadについて「ぼくには、鉛筆と紙があればいい」と語るってのを読んで、まっとうなことを言っているな、と。


宮崎監督はアニメーター(生産者)であり、生産者が消費のためだけに(と言い切ると若干の語弊はあると思うが、Appleが「ウェブ、メール、写真を体験する、まったく新しい方法。」と言い切って宣伝してるんだから、まあ、間違いではないと思う)つくられたiPadをさする人ばかりになっている光景を、
「電車の中が(消費するコンテンツである)マンガを読む人間だらけだった時も、(これも同じくコンテンツを消費するものである)ケイタイだらけになった時」
のように「ウンザリ」する、と。

「世界に対して、自分で出かけていって想像力を注ぎ込むことをしないで、上前だけをはねる道具としてiナントカを握りしめ、さすっているだけ」
で”全く新しい”体験をしたと思ってしまうことを危惧し、
「新製品にとびついて、手に入れると得意になるただの消費者にすぎません。あなたは消費者になってはいけない。生産する者になりなさい。」
と生産者たりえるインタビュアー(プラス、何かしらのかたちで生産者になりえる読者)対してに注意している内容。

「消費ばかりで満足してはいけない。実体験を大切にしろ。そして、生産者になれ」というのが趣旨
iPadについては、「また消費する道具を増やしやがって、ペッ!」ってなもんで、お好きでは無いにしても、この文章の中心はないと思う。

少なくとも、この(掲載されている範囲において)文章を国語の問題とした場合、
この文章で宮崎監督が最も述べたいものを1つ答えなさい。」
の答えは
「ア、iPadは自慰行為のようにさするものであり、嫌悪感を感じるものだ」
ではなく
「イ、世界に対して、自分で出かけていって想像力を注ぎ込むことが重要であり、消費者として満足するだけではいけない。」
だと思うけれども。
で、宮崎監督としては、生産者として(Macも使うんだけれども)「鉛筆と紙があれば」アニメが書ける、という話。

大好きなiPadを宮崎監督が「嫌い」というニュアンスの発言をして、「まあ、そういう人もいるよね」以上に「あの素晴らしいiPadを宮崎監督はなぜ批判するんだ。考えが古い。」や「老害」と言い放つのはちょっとおかしい気がするんだけどねぇ。
消費するデバイスとして「良い」「悪い」は一切は書かれていないと思うんだけど。


もしかしたら宮崎監督は、消費というのは、ドラッグのように楽に、ある程度ハッピーになれるものだと言うことを知っていて、
それが故に、消費することに飼いならさせることを心配しているのかもしれない。
PR
拍手する

ニュース・時事ネタコメント(2)トラックバック(0)このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

この記事に対するコメント

ご無沙汰してます。

commented by サラリーマン龍太郎◆5498602ef2 on 2010/07/22

リンク先に接続できないので…宮崎氏がなんとおっしゃっているか詳しくわかりませんが…
電車で、よだれを垂らして寝てたり、化粧をしている光景にも味わいがある…なんてことは無いか(^_^;)(苦笑)

マジレスすると…人は、いつどんな環境でも生産することが出来るのに、昨今は消費することしかしない。
むしろ、人は消費することを促進させている。
そして、人は消費することにただ流されている。
ってな感じでしょうか(・_・;)

電車の中で、皆がせわしく生産活動をしていたら…それはそれで「ウンザリ」しますが(笑)

無題

commented by MRB◆2893586306 on 2010/07/25

消費する人がいないと成り立たない、ってのもまた真実ですね。

この記事に対するコメントを投稿

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL